スポンサーサイト

  • 2014.06.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【Purple Haze】

    • 2013.11.14 Thursday
    • 03:59
    お久しぶりです。

    MAXが開催されたり、ストームアタックが制限になったり
    インビジブルクロークがブタ箱行きになったりしましたね。

    あと、アルティメット01発売しましたね。
    アルティメットです、究極の環境です。

    そんなわけで久しぶりの更新ですが、
    デッキレシピを載せたいと思います。

    以下続きから。





    【Purple Haze】

    元ネタはジョジョのフーゴのスタンド名パープル・ヘイズから。

    端的に言えばむらそくにアルティメット突っ込んだ感じ。
    僕の趣味で入れた点をいくつか紹介。

    ・ドリームネビュラ
    バウンスマジックにコアシュートとドローがついた、つよい。
    紫の天敵、蜂陽炎で突然死が無くなったのが非常にヨイ。
    紫はフラッシュ札が貧弱なので、ここに来て救世主現るといった所。
    攻撃にも防御にも使えるひっじょーに優秀な札。
    紫白に入れてる人多そうだけど、シンボル並ぶむらそくに入れたほうが強いと思う。

    ・バーストタートル
    ネビュラの軽減が欲しかったので突っ込んだけど予想以上につよい。
    ヤマト踏んでも怖くない、アルティメット居るとスピリット効果無効。
    おまけでデッキ破棄メタついてるよ、地味にBP効率もいいよ。
    何よりバースト召喚条件がゆるいのが素晴らしい。

    ・クイックモスキー
    相手のUデスペラードでコアシュートされるのが怖いのでぶっこんだ
    こっちのフィールドが更地の時に、相手が紫相手だったらラストパンチに
    除去が効かないアルティメットで殴って来てくれる事多いのでその対策的な。
    白トリガーとか緑の強化蟹トリガーは無理だけどねー。
    バーストタートルやマーク・オブ・ゾロ等の破壊時トリガーの餌に使ってもよし
    最後の一点狙うときに使ってもよしの優秀な一枚。

    ・バイパイソン
    軽減多いのでコア消費少ない、ドローできる、つよい。

    ・Uケツァルカトル
    7/(4)でコア効率が1,3,4。
    12k,18k,23kというBP効率。
    こいつに3コア乗っかっていればとりあえずマ・グーや蜂陽炎が殴ってきません。
    4コア乗っけるとUオーディーンやUトールが殴ってきません。
    Uデスペラードもそう簡単には殴ってこれません。
    こっちが殴った場合は大抵のスピリットやアルティメットのBPを上回っています。
    以上です。

    ---- 実際に回してみて思ったこと ----
    CIPドローをガン積みしたくなるけど、奴らは軽減が少ないのでコア消費が激しい。
    このデッキの場合はネビュラがひっじょーに重要なのでコアを消費せずに軽減並べるのがベター。
    つまりバイパイソンやソードール、ソウルホースがかなーり重要なのです。
    何より、いざという時に低BPで数押し速攻を仕掛けられるという点が実はかなり重要。
    最近は紫が増えてるので、Uシャ・ズーを採用してる人も多かったり。
    奴はLv3BPが4000で、それより下のBPで殴らないと
    破壊時に二体疲労(しかも選択できる)なので
    ビートダウンを行う上で非常に不利になります。
    よって、低BPのスピリットで数を並べて殴るのですが
    ここで何度も言っているコア消費の少ないという点が重要になってきます。
    紫が相手だとマーク・オブ・ゾロ警戒ででコアを2つ以上乗せておきたいので、コア消費が少ない事が活きてきます。

    一つ気をつけたいのは、アルティメットは手札にあったからといって
    必ずしも出せばいいってもんでもないって事です。
    Uデスペラードを出して除去をしながら殴るより、低コストスピリットで速攻したほうが強い場面ももります。
    状況を見極めて上手に使いましょう。



    もう少しブログを活用しなきゃなぁと思うので
    また気が向いたら更新します。

    それでは。

    スポンサーサイト

    • 2014.06.11 Wednesday
    • 03:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック