スポンサーサイト

  • 2014.06.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【Emperor】

    • 2013.11.25 Monday
    • 03:24
    「銃は剣よりも強し」
    ジョジョASBではホル・ホース使いの正宗です。

    今回は剣を使ったデッキレシピ

    以下続きから
     

    【Emperor】

    元ネタはホル・ホースのスタンド、皇帝(Emperor)から。
    「銃(ディルム・ダイナ)は剣よりも強し」
    だったら両方持たせたら最強じゃね?といった感じで組みました。


    ・ ラウンドテーブルナイツ
    ライフ減少時に5コスト以下のスピリットをノーコストで召喚できる。
    ジャコウでもザ・ワンでもミノタウロスでも召喚時効果を発揮しながら出せる。

    コスト帯が重めで、ブレイヴを多く採用しているこのデッキの場合
    序盤の数ターン(特に先行2ターン目あたり)は非常に行動が起こしづらい。
    そのためその弱点を補うために、先1で動けるストロングドローを採用して
    手札を厳選し、5コスト帯を1枚トラッシュに仕込むことで序盤のビートに対応できる。
    上手くハマるとライフ減少時にトラッシュからザ・ワンを召喚してシオンで複数除去、なんてことも出来る。
    また、殴り合いになった時にチャンプブロックしたジャコウなどを再召喚するのも面白い。


    ・ アビス・アポカリプス
    アルティメット環境となった今、再び猛威を振るっているブレイヴ。
    最近流行になっているアルデウスメアアビスから分かるように、除去からのアビスは非常に強い。
    が、最近コアシュートメタとしてアライゴヤやヨロイフクロウが採用されていることが多い。
    したがって、コアシュートの除去に加えてバウンス効果とアビス・アポカリプスを組み合わせる事で
    より確実に、多彩に詰みの可能性を狙うことが出来る。


    ・ ドリームネビュラ
    前回の紫速でも紹介しためちゃつよマジック
    複数除去が狙えるうえアビスやシオンとの相性も抜群である。
    ミノタウロスと組み合わせると紫紫連鎖で2ドロー出来る。


    ・ ドクトル・ファウスト
    端的に言えばアルティメットメタ
    攻撃回数を増やせたり召喚時持ちを踏み倒すことで、除去も狙えたりといろいろ小回りがきくカード
    3コアでLv3になれるのでUトールもすり抜けられるので非常に偉い。
    使う場面がなさそうな相手の場合はストドロや妖華吸血爪で捨ててしまおう。




    ---- 実際に回してみて思ったこと ----
    遅いデッキにはさっさと除去をしてアビスで殴りきってしまえばいいし
    速攻やビートにはラウンドテーブルナイツからのシオン踏み倒しの除去を狙えたりと
    多彩に対応が出来ると感じた。
    先1ボーン・ダイルから先2ザ・ワン→シオンのようにテンポよくシンボルを展開が出来るのも強みだと思う。
    ジャコウはオーシンからのストドロの手札保護や、アビスが居る状態からの詰めにも使えるので丁寧に使いたい。
    ディルム・ダイナやザ・ワンLv2にアビスを付けるとアビスが割られにくくなるのも覚えておくとヨイかも。

    苦手な相手として、ネクサスを大量に展開するデッキ、バースト破壊、Uデスペラードが挙げられる。
    1つ目はネクサス割りが無いためアビスで詰みの状況に持ち込みにくいという点。
    今回はネガ・テュポーンを不採用しているので、環境にネクサスが横行するなら採用も視野だと思われる。
    2つ目はディルム・ダイナやトゥルース・エデンのようなバースト破壊を行う相手。
    ドクトル・ファウストやラウンドテーブルナイツといった、強力な効果を持つバーストに頼りがちな部分があるため
    バースト破壊を行う相手には慎重に立ちまわっていきたい。
    問題なのは3つ目のUデスペラード、コスト帯が5,6に集中しているためコアシュート能力が存分に発揮されてしまう。
    大量に展開するゆえ、維持コアが少なめになるので一回で大量除去されてしまうことがしばしば。
    なんとか、ラウンドテーブルナイツや妖華吸血爪でリカバリーをしよう。



    ラウンドテーブルナイツを使いたくて骨組みをしてみたら、思ったよりお気に入りのデッキが出来たので満足。
    自分はアルティメット否定派ではないしむしろ歓迎派だけれど、このデッキには必要ないので不採用です。
    アルティメットもスピリットも取捨選択、長所短所があって
    いろいろなデッキタイプが生まれるという意味ですごくいい環境だと思います。
    アルデウスが復権したのもその流れの一つだと思います。

    一つのデッキタイプが一強という環境ではないので、
    この環境を思う存分、自分の考えたデッキで楽しみたいと思います。

    それでは。

    スポンサーサイト

    • 2014.06.11 Wednesday
    • 03:24
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック