スポンサーサイト

  • 2014.06.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【Dirty Deeds Done Dirt Cheap】

    • 2013.12.26 Thursday
    • 02:57
    僕がバトスピを始めたきっかけになったカードがあります。
    それは『天秤造神リブラ・ゴレム』で、そのカードからデッキ破壊の魅力を感じました。

    そんなわけで、デッキ破壊です、ライブラリアウトです。


    以下続きから
     


    【D4C】

    基本は、Uキャッスルゴレムとオライオンを利用した高速デッキ破壊。
    採用カードを軽く解説

    * ロック・アラディン
    ビートダウンやネクサスバウンスに対応するためにロック・アラディンを採用。
    先攻1ターン目のドローゴーの後にセットすることで、後攻1で殴られた場合に
    青シンボルを1つとネクサスを1つ展開することが可能になる。
    そのままリボル・アームズにつなげると非常に美しい。

    * ライオット・ゴレム
    3(2)の1:3000/2:5000/4:7000の青い粉砕持ちの生き物。
    軽減の多さとBP効率もさながら、特筆すべきなのはLv2,3効果。
    破壊時にネクサスを1つ疲労させることで回復状態で生存し続ける。
    これにより高BPの相手には消えない壁となり、低BPの相手には
    青玉の巨大迷宮と合わせることで、実質殴っても無駄という状態を作れる。
    リボル・アームズの置き場にもなるので合わせてヨイ。
    おまけで粉砕持ちなので最後の詰めに使う場面もあるかも。

    * リボル・アームズ
    キーカードに高コスト帯が多いためコア不足解消のために採用。
    壁にもなるし非常にヨイ。
    生き物に置くコアと、オライオンやUキャッスルの召喚のためのコア、青玉や五角形をLv2で置いておくためのコア…
    案外青デッキってコア使うよね。

    * ブレイクグラインド
    速攻に強くなれるカード、地味にデッキ破壊も出来るすごいやつだよ。
    ネクサス貼りまくってれば2コアで撃てるからわりと強い。
    好みでゴブレットとか燕とかに変えてもいいかもね、個人的にはスピニングソードとか試してみたいかも。

    * ネクサス(青玉、オリンスピア、城塞、五角形)
    青玉が一番重要で、最近流行りの白紫やアルデウスに刺さりまくる。(メアトプスとかは無理だけど)
    アビスが怖いから五角形採用してみたり、白シンボルのおかげで絶甲氷盾やリボル・アームズも軽くなる。
    ドローするカードが多い環境なので、便乗ドローも比較的発動しやすい。
    城塞貼っておけばボーン・トプスやフェニック・キャノン等のネクサス破壊からLv1の青玉を保護できるのでヨイ。
    枚数とか種類はお好みで、環境に合わせて変動させるとオシャレだよ。

    * ニャルラ・トラップ
    目的はわかると思うから割愛。
    Lv2の状態でリボル・アームズつけておくとマ・グーが死ぬ。

    * オライオン
    デッキ破壊のメイン要員。
    リボル・アームズで増やしたコアでリバイヴオライオン強い。

    * Uキャッスルゴレム
    デッキ破壊のサブ要員。
    基本的に信用してないけど除去が効かないのは強い。
    早めの段階で出せればイージーウィン出来たり出来なかったり。
    平均10枚程度(コスト3~4)をめくれれば十分に仕事してると思う。
    それ以上もそれ以下も運だと思って行動すべき、嫌ならニャルラ来るまで殴らなきゃおk。


    ---- 実際に回してみて思ったこと ----
    オライオン強い。
    ライオットが本当に破壊耐性のある良い壁になるので、アラディンも居るしすぐに殴られきる事はない。
    殴られきって死ななければ、リボル・アームズのおかげで
    早い段階でデッキ破壊ができるのでビートにも十分に対応できる。
    遅延系デッキ破壊みたいな相手にも有利取れると思う。
    リボル・アームズでコアを大量生産しておけばリバイヴオライオンで一発逆転も狙えるので非常にヨイ。

    ( ˘ω˘)。゜○(こいつさっきからUキャッスルゴレムの話してねーな…)


    それでは。
     

    スポンサーサイト

    • 2014.06.11 Wednesday
    • 02:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック